シナリオだけでなくBGMも素晴らしいハイクオリティのエロゲーム「マジカミDX」の投稿レビュー

ほんし籠さん(30歳、男性、北海道、会社員)からのスマホエロゲレビューの投稿です。

今回ほんし籠さんが紹介してくれたエロゲームはマジカミDX。
制作費が12億円かかっている壮大なエロゲームということでかなり大きな期待をしていたようです。
実際にプレイをしてみると、作り込まれたシナリオや素晴らしいBGMなど非常に素晴らしい出来栄えだったとのこと。
マジカミDXを実際にプレイしたほんし籠さんが、このゲームの魅力をレビュー投稿してくださいました。


スマホエロゲレビュー
製作費12億と豪語するだけのことはあるエロゲーム「マジカミDX」

今回ご紹介したいエロゲはマジカミDX。

おそらく大半の人が宣伝で何回も見たことがあるだろうDMMのRPGソシャゲです。

iPhone, Androidともにプレイできます。

ただCMは見たことがあるものの実際にやったことのある、という人は少ないんじゃないでしょうか。

シリアスながらコミカルな演出もある魔法少女の物語

ではどんなゲームなのでしょうか?

まずシナリオがかなり凝っています。

メインシナリオですが、記憶喪失モノ、並行世界モノ、色々な要素を絡めつつうまく魔法少女の物語にしています。

テンポもかなりよく、また日常シーンもしっかり描くことで温かい日常と厳しい非日常の対立がすごく際立ってきます。

シリアスなのですが、シリアスだけじゃなくコミカルなところもあるのがウリです。

魔法少女たちは12人いるのですが全員とても可愛く、そしてバックグランドがしっかり設定されていてとても魅力的です。

普通の人間と同じように、彼女らも悩みや過去、コンプレックスなど色々な問題を持っています。

そこがまた彼女らを等身大に感じられていいんですよね。

主人公は記憶喪失なのですが、マスコットキャラの黒猫を使って魔法少女たちと意思疎通をします。

これはとても変わった設定なのですが、こういう魔法少女モノにおいては男があまり出しゃばるとうっとうしくなるし、かといって出ないと没個性になってしまうので、それを解決することに成功しているように感じました。

また、キャラとの絆ストーリーというのもあり、こちらもメインストーリーかそれ以上に凝っており、キャラクターがどんな内面なのかをすごく掘り進めています。

もちろん恋愛要素もあります。

設定にかなりこだわりがあるのがわかりますよね。

見応えのある3Dの美麗グラッフィック

物語は3Dで進行したりしますが、これがかなり力が入っていて見ごたえがあります。

特に魔法少女たちのお尻のラインはフェティシズムが光っています。

戦闘は4人体制のコマンド式のオーソドックスなRPGのタイプですね。

5つの属性があり、相性をうまく使っていくのが攻略のコツです。

戦闘システムはすぐに理解できると思います。

戦闘中もキャラが良く動き、見ていて楽しいです。

ちなみにキャラではなくキャラが着る「ドレス」によってスキルが異なってくるというものになっています。

武器もRPGらしく変わったものが多く、筆や楽器や色々なものがあります。

ストーリーにあった素晴らしいBGM

次にBGMについてです。

お金があるとBGMもいいものができるんだなと思いました。

戦闘BGMはポップでややダークな世界観を現した良曲です。

何分も聞くことになるから結構重要ですが何分でも聞けそうな曲になってます。

某ソシャゲなんかはフリーBGM使ったりしてましたからね。

また戦闘BGMだけじゃなくストーリーBGMや、えっちシーンのBGMもかなり場面に合わせて作られていると思います。

ガチャBGMなんかもテンションが上がるBGMですごく好きです。

最高にクオリティの高いエッチシーン

そして、えっちシーンですが、①メインストーリーであるだけでなく、②キズナレベルやドレスレベルを上げる、③期間限定イベントをクリアする④バースデーミッションを進める⑤デモンズバベルをクリアするなどで見れるようになります。

えっちシーン総数はほかのソシャゲと比べて多いわけではありませんが(ほかのソシャゲはキャラ数がすごいですからね)そのひとつひとつのクオリティがハンパないです。

個人的にはこっちのほうがいいと思っています。

いくら数が多くてもぶっちゃけ抜けなかったら意味ないですからね。

やはりキャラクターを深く知ったほうがエッチシーンが楽しめます。

思い入れがあるキャラとのえっちのほうがやはり嬉しいですね。

エッチシーンは3Dではないのですが、すごく綺麗でしかも動くので実用性がかなり高いです。

なんといっても魔法少女たちの表情がいいですね。

お金がかかっている作品というだけあって、シチュエーションにぴったりの表情をしています。

凌辱されるときは心底嫌そうな顔や堕ちてしまうときは嫌悪感と快感が混ざり合ったような複雑な顔、そしていちゃラブのときは天国に上ってしまいそうななんともうれしそうな顔。

たまりませんね。

NTR好きにはたまらないシチュエーション

シチュエーションについてですが、主人公との和姦も多いものの、悪魔やモブなどが相手のレイプや凌辱、少し痛そうなプレイなどもあります。

メインにあったりするので回避は不能です。

NTRがダメな人には残念ながらおすすめできません。

ただし凌辱プレイでも最後には感じてしまったりするものが多いため、ハードコア専門の趣味の人にも残念ながらおすすめできません。

ただ普通の趣味の範囲の人であれば、かならず満足のいくえっちシーンになっていると思われます。

ほんし籠さん、ご投稿ありがとうございます。
やっぱりアダルト業界ではFANZAの勢力は圧倒的ですね。
AVはもちろんですが、エロゲームにおいてもオリジナルのエロゲが多いですし、やはり強い!
エロゲ初心者さんはまずはFANZAでエロゲ体験をするといいでしょう。

2021年12月6日FANZA, RPG, マジカミDX